お正月は書道パフォーマンス!





お正月は書道パフォーマンス!


もうまもなく、2019年が終わろうとしています。


毎年思いますが、本当に早いですよね。

1年間があっという間に過ぎてしまうと感じるのは

私だけでしょうか?笑


さてさて、、、、、

タイトルにもありますが、お正月といえば書道!

お正月といえば書初め!そして、お正月といえば・・・・・

日本国内の各地イベントにて書道パフォーマンスが

最も活躍する時期ではないでしょうか。


新年を迎えるにあたり、

最初の目標設定や、意気込みを書にたくして・・・・



個人的には、自身が書道家であるから

ということもあるのですが、

頭のなかでぐるぐるしているよりも、

書という形でアウトプットすることで

気合がはいったり、目標に向かって行うべきことが

明確になったりするので、非常に良い習慣

だなあと思います。



毎年この時期には、大変ありがたいことに

各地イベントにて新年の書道パフォーマンスの

機会を頂戴しております。

今年も少しずつですが、年始の予定は着々と埋まりつつあります。

←まだまだお待ちしています!笑




本格的に行う書道に行く前の

きっかけづくりとなればよいなと考えながら

「少しでもかっこよく、少しでも憧れをもって

もらえるようなパフォーマンス」を

心掛けて行っています。



日常のお稽古とはまた違った雰囲気で

楽しめるのが書道パフォーマンスの魅力でもあります。




そして、書道のパフォーマンスをするにあたり、

未熟な部分は多いですが、大切にしていることがあります。

それは、古典臨書を行うことで身につく筆づかいを

パフォーマンスでもしっかりと出すことです。



パフォーマンスとなると扱う筆のサイズが大きくなり、

紙も大きくなり、さらにはスタンディングスタイルで

させて頂くので、普段と勝手が違う要素が多くなります。




ちょっとした言葉遊びにはなりますが、

「書(かくこと)」のパフォーマンスではなく

「書道(伝統的なもの、脈々と継承されてきたもの)」が

垣間見えるようなものにしていきたいと私は考えています。




色々な考え方があるとは思いますが、

ほんの少し、私の大切にしている書道パフォーマンスについて

書かせて頂きました。




何事も毎日修行!!


ということで、今後もますます精進して参ります!!

















3回の閲覧