5.1 住吉大社 御即位奉祝奉納行事

最終更新: 2019年9月10日


こんにちは。



5月1日(水)住吉大社様にて執り行われた

御即位奉祝奉納行事にて、私も奉納させて頂きました。


今回、私は大字ではなく和歌を揮毫いたしました。


万葉集19-4243

多治比真人 


住吉に 斎く祝が 神言と

行くとも来とも 舟は早けむ


当日はあいにくの雨でしたが、

奇跡が起き、揮毫中のみ雨があがりました。


きっと神様も祝福してくれたのでは・・・

と思い、より引き締まった気持ちで揮毫をさせて

頂くことができました。


この度は、誠におめでとうございます。

新たな時代の幕開けです。

私自身も気持ち新たに日々精進して参りたいと思います。


※揮毫作品は、住吉大社様 第三本宮にて五月中展示されております。 

 住吉大社へご参拝される方はぜひご高覧頂けますと幸いです。



【住吉大社について】

※公式サイトより一部抜粋


古くは摂津国 (せっつのくに=大阪府北西部と兵庫県南東部を占める旧国名) の中でも、

由緒が深く、信仰が篤い神社として、「一之宮」という社格がつけられ、

人々に親しまれてきました。昭和21年までは官幣大社であり、

全国約2300社余の住吉神社の総本社でもあります。


鎮座

神功皇后摂政11年(西暦211年)

社格

・延喜式名神大社 ・神階正一位 ・二十二社 ・摂津国一之宮 ・旧官幣大社









2回の閲覧