書道パフォーマンス・書作品制作の依頼の方法



書道パフォーマンス・書作品制作の依頼の方法



おはようございます。

書道家の上平泰雅です。


書道パフォーマンスや書作品の依頼って

どこでしたらよいのかわからない。


そんなお悩みってありますよね?


そういった方にこの記事が届けばいいなと

思いブログを書いています。


では、書道家への依頼って

どのような基準で実施すればいいんだろう?


という疑問にお応えしていきたいと思いますが、

ずばり・・・挙げさせて頂きます。



字が好きかどうか


これを大前提においていただくといいと思います。

めちゃくちゃ当たり前すぎる回答で申し訳ありません(;^_^


・・・・が、しかし

意外とこの基準でない場合が多いということも事実です。


例えば、集客が目的のイベントであれば…


「著名な人がいい」「美人がいい」などに

選択基準が変わっていくわけですよね。



とはいえ、ずっと飾るような作品であれば

好きな字の方が間違いないと思います。


有名な先生だからという選び方でなく

自分が本当に良いと感じたものを選んでいきましょう♪



ということで、

多くの書道家がいる中で、私、書道家上平泰雅の

強みが一体どこなのか。



自分で書くのは恐縮ですが

皆様にお伝えできればなと思います。



①伝統書を現在進行形で学んでいる書道家であるということ

②パフォーマンスを行っている男性書道家が稀有な存在であるということ

③書歴は習字経験含めるとほぼ年齢=書歴であるということ

④書道パフォーマンス歴も12年あるということ

⑤国内の実績だけではなく海外での実績が多いということ

⑥すべて活動において共通した理念「書を世界と未来へ」「書を世界のエンターテイメントへ」に則っているということ

⑦複数の書体を使い分けられるということ

⑧元一部上場企業での職歴があり、プロダクトアウト×マーケットインの両方の考えを持てるということ



以上が大きな強みです。




この中のひとつでも「おおっ」と

思っていただけたらぜひご依頼を検討頂けますと幸いです。

よろしくお願いいたします^^



とりとめのない話でしたが

今回は以上です。


また次回の記事でお会いしましょう!




2022.7.12

書道家 上平泰雅

























閲覧数:0回0件のコメント