5.13~5.17 ホテルオークラギャラクシーマカオ エントランスイベント@澳門

最終更新: 2019年9月10日

こんにちは!!


5月12日(日)のヒルトン大阪様の書のパフォーマンスを

見に来てくださった皆様、ありがとうございました!


いつも応援頂き感謝です☻


さて、タイトルのお話にうつります・・・・


5月13日(月)~17日(金)の期間において、

澳門にあるホテルオークラギャラクシーマカオ様にて

行われたイベントに招聘頂き、パフォーマンスおよび

色紙・うちわ・升への揮毫を行ってまいりました!


今回は、師匠である梅径先生と

青霄書法会クリエイティブマネージャーの

ライアンと3名でのツアーでした。



イベントは2日間あり、

時間はそれぞれ3時間と、なかなかの長丁場でしたが、

書くこと自体が楽しいのはもちろん、来る人来る人が喜んでくださり

あっという間に時間が過ぎていきました!


各日50枚で想定していた色紙も、

2日目には早々になくなってしまうほどの

大盛況で、本当に感謝申し上げます!!



通常、ご依頼を頂き、制作する作品であれば、

何度も推敲を重ね、さらに何度も書き込み、

場所にあった額装・軸装を行いようやく一つの作品が

完成します。

私の場合も一つの作品制作において、一切の妥協をしたくないので

製作期間は3週間~1か月半はお時間頂戴しています。


しかし、今回のようなイベントでは

お客様の目の前で1発で書かなければならないので

普段とは状況が大きく異なります。



基礎をどれだけ多く身についているのか、

文字数や文字の種類に応じて

きれいに収めるためにどう書くべきか、

字体はどうするのかを瞬時に判断し揮毫にうつらなければならないのです。



恐れ多くも、今回は師匠の隣で

書かせて頂いておりましたが、やはり師匠!

とにかく素晴らしすぎました。


日々の鍛錬がいかに大切かを

まさに背中で語って頂きました。


今後も日々の基礎練習を怠らず、

ますます精進してまいります!!















1回の閲覧